料理に使われ始めた青汁

青汁コンサル

青汁というのは飲むものというイメージが強くてあえて、料理に使うという感じはあまりしないのですが、青汁がそのまま飲みにくいという人もいると思います。私はお砂糖やはちみつ、豆乳と割ることが出来れば、それほど気にすることもなく飲めるほうなのですが…。

子供だと色からしてもう飲めないということもあるのではないでしょうか。なので、料理に混ぜこむという方法もあるのだそうです。たとえば、散らし寿司なんかに入れてみても、結構おいしいのだそうですよ。おいしいというか、緑の色合いがきれいに出るので、喜ばれるみたいです。

ほかにもホットケーキに混ぜて焼くとか、ヨーグルトに混ぜるとか、飲むという方法以外にもいろいろとあるようですね。私はあまり面倒なことは好きではないので、そのまま豆乳と割るのが一番のみやすく、続けやすいのですが、飽きてしまう場合には、ほかに使うのもいいと思います。

青汁や野菜ジュースと考えてしまうと、なんだか構えてしまうところがありますが、色付けに使ったり、お菓子に使ったりするということを考えると、それほど難しくもなく使えるのだろうな、と思います。何か混ぜ込んでみるというのが、一番手っ取りはやいのではないでしょうか。和風であれば、卵焼きに混ぜたり、白玉に混ぜるのもいいですよね。色合いもきれいになりますし、栄養価も高くなるので…。

Copyright (C) 一押し!グリーンハウス レモンの青汁お試し All Rights Reserved